伊勢神宮が大好き!

伊勢神宮の参拝方法やお守り、駐車場、アクセス、観光案内まで内宮や外宮の知りたい情報が全て詰まってる!

御柱祭り2016年の日程と諏訪大社の御柱祭の内容

投稿日:

御柱祭り2016年

東京方面なら新宿から約3時間、諏訪湖で有名な長野県諏訪市。

この諏訪湖の南北に「諏訪大社(すわたいしゃ)」があります。

戦国の名将「武田信玄」が守護神とした「諏訪大明神(すわだいみょうじん)」を祀る諏訪大社の「御柱祭り(おんばしらまつり)」は、どこかで聞いたことあるけど、詳しくは知らない人が多い有名なお祭りのひとつですよね。

御柱祭りは諏訪大社の重要な祭事で7年に一度「寅年・申年」におこなわれます。

今回は、来年2016年の申年に7年に一度おこなわれる「御柱祭り(おんばしらまつり)」と諏訪大社についてご紹介します。


スポンサーリンク

さっそく、2016年の御柱祭りの期間をチェックしましょう!

御柱祭りの期間

2016年4月2日(土)~6月15日(水)

日程・スケジュール

上社(本宮・前宮)
山だし:2016年4月2日(土)~4日(月)

里曳き:2016年5月3日~5日

宝殿遷座祭:2016年6月15日

下社(春宮・秋宮)
山だし:2016年4月8日(金)~10日(日)

里曳き:2016年5月14日~16日

宝殿遷座祭:2016年5月13日

御柱木落とし時間の目安

10時・11時・12時・13時

見学席:各部入れ替え制

御柱川越し時間の目安

14時・15時・16時・16時50分

木落とし:上下社とも2日目に実施します。

大きく3つの祭事、工程を「御柱祭り」と総称しています。

みなさんが御柱祭りと聞いて連想する場面は「木落とし」だと思います。

そろいの法被(はっぴ)姿の男たちが巨木にまたがり、振り落されても再び飛びついて急斜面を勢いよく一気に曳き下ろす場面ではないでしょうか。

感想としては、御柱を曳くというよりも一緒に落ちていく感じですよね。

御柱祭りの山出し(木落とし)

諏訪大社御柱祭


なんといっても御柱祭りのみどころは上下社の山出しでおこなわれる「木落とし」です。

この御柱は樹齢150~200年の樅の木(もみの木)です。

全長は約15m、太さ1m、重さは13トンもあります。

それだけの巨大な丸太(御柱)を4日間にわけて1日4柱、すべて合わせ16柱を木落坂から曳き落とします。

はじめて御柱祭りに興味を持った人は、そんなに巨大な柱を16本もどうするのか疑問に思うかもしれません。

次に御柱祭りは何の目的でおこなわれるのかご案内します。

御柱祭りの目的

この御柱祭りというのは通称です。

正式には「諏訪大社式年造営御柱大祭」といいます。

「式年(しきねん)」どこかで聞いたことありませんか?

伊勢神宮の式年遷宮です。

御柱祭りもこの遷宮に相当する神事で伊勢は20年、諏訪大社は7年ごとに寅年・申年に御柱を建て替えます。

ということは、御柱は諏訪大社の社殿の材料になるの?

いいえ、違います。

御柱をどうするの?

御柱祭りのあと「御柱」は諏訪大社の本宮・前宮(上社)と春宮・秋宮(下社)の社殿を囲うように四方に建てられます。

この御柱建ては里曳きでおこなわれ「建て御柱」といいます。

木落としに次ぐ御柱祭りのみどころだと思います。

御柱祭りは伊勢神宮の遷宮に相当する意義のもとおこなわれるため、御柱の建て替え以外に「宝殿」を新しく建てかえます。

諏訪大社の宝殿には神輿が納められています。

申年から寅年までは向かって左に神輿を納め「神殿」と呼びます。

それに対して右の宝殿を「権殿」といいます。

ざっくりと御柱祭りの内容についてご紹介しました。

次に見学場所、有料席について紹介します。

祭りの会場(場所)

建て御柱は、諏訪大社の各宮なので説明は必要ないですね。

木落としを見学する場所は、上社と下社で違います。

上社会場
長野県茅野市宮川
最寄り駅から徒歩 約20分

下社会場
長野県諏訪郡下諏訪町
最寄り駅から徒歩 約50分

上社、下社で日程がことなります。

はじめて御柱祭りを見に行く人は、下社を選ぶほうが期待に応えられると思います。

木落とし坂までのアクセス方法

御柱祭りの当日は大変に混雑するため自家用車(マイカー)で会場まで行くことは困難です。

都市部と違い、道幅も狭いため特にふだん運転していない人は避けたほうが無難です。

基本は電車とバスです。

車の場合
上社:JR富士見駅周辺まで車で行き、電車に乗り換え「茅野」まで。

下社:JR下諏訪駅まで車で行き、会場までは徒歩が確実です。

上下社で御柱を落とす場所が違うため、最寄り駅も変わります。

電車の場合
下社:JR下諏訪駅
上社:JR茅野駅

余談ですが、長野は諏訪湖や諏訪大社のほかにも多くの有名観光スポットがありますよね。

今年、ご開帳で賑わった「善光寺」や「野沢温泉」など書ききれません。

2016年は申年です。

そんな2016年は「地獄谷野猿公苑」もチェックしておきたいですね!

地獄谷野猿公苑

諏訪温泉猿


長野県に世界で唯一、猿が温泉に入っている姿を見ることができる場所があります。

海外の方が多く訪れる人気の観光地として時々ニュースでも映像が流れますよね。

地獄谷野猿公苑の住所
長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845

スポンサーリンク

-その他の神社

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

神在月の出雲大社

神在月2018年の日程と出雲大社の神在祭の内容

神在月(神在祭) 旧暦の10月に全国の神様が集まる場所があります。 それが伊勢神宮とならび日本の神道を代表する出雲大社です。 今回は出雲大社の「神在月(かみありづき)」や「神迎祭(かみむかえさい)」な … 続きを読む

氷川神社(大宮)

大宮氷川神社のご利益お守りと参拝に便利な無料駐車場

氷川神社 大宮 氷川神社は明治天皇によって武蔵野国(東京・神奈川・埼玉の一部)の鎮守、勅祭社と定められ今上陛下も参拝したことのある由緒ある神社。 伊勢神宮の内宮の神さまで日本国民の総氏神とされる天照大 … 続きを読む

猿田彦神社(伊勢)

猿田彦神社(伊勢)の参拝と道開きのご利益で結婚式

猿田彦神社 猿田彦神社は今年2017年10月に平成の御造営(ごぞうえい)をすべて終え、リノベーション・リニューアルが完了しました。 少し前の話、伊勢神宮で式年遷宮(しきねんせんぐう)がありましたよね! … 続きを読む

宇佐神宮のご利益。お守りと北辰参りでご縁パワーを倍増

宇佐神宮 全国に2ヶ所しかない特別な参拝方法で知られる宇佐神宮。 今年から来年にかけて九州、大分を旅行するチャンスがあったら参拝したいところです。 どうして今年から来年に宇佐神宮へ行った方がいいのか? … 続きを読む

下鴨神社

下鴨神社で特別な恩恵を授かる!賀茂皇大神宮の秘密

下鴨神社 2015年の式年遷宮で神さまのパワーがMAX状態によみがえりご利益も倍増! 世界に「和」の文化を発信しつづける観光のまち「京都」 京都には多くの神社やお寺が点在しています。 その中でも、これ … 続きを読む

スポンサードリンク