赤福ぜんざいと赤福餅の販売期間と通販再開予定

赤福

伊勢神宮のおひざ元、三重県伊勢市を代表する名菓、お伊勢参りの定番お土産といえば「赤福」ですよね!

一口サイズのお餅にほどよい甘さの小豆餡をのせ独特の波型に盛り付けられた赤福餅が時々どうしても食べたくなることがあります。

そんなときに便利なのが通販、お取り寄せです。

でも、実は赤福の通販は毎年、秋から冬にかけての期間限定で再開日もその年により変わります。

また伊勢神宮の参拝者に古くから愛される温かな「赤福ぜんざい」の販売も秋ごろから始まります。

今回は毎年その日程が変わる「赤福餅」「赤福ぜんざい」の店舗販売、通販の再開日と注文方法のほか、今年新たに登場した4色の「いすず野あそび餅」についても記事の後半でご紹介しています。

スポンサーリンク

追記
2018年(平成30年)の通販開始日、赤福ぜんざいの開始日が確定しましたので記載しました。
新作、いすず野あそび餅の購入方法が9月下旬から変更されることになりましたので加筆しました。

さっそく、赤福の通販開始日と赤福ぜんざいの店舗販売はいつから始まるのかをチェックしましょう!

なかには甘味専門店だから赤福さんに行けば、ぜんざいはいつでも食べられると思っている人もいるのではないでしょうか。

でも、赤福さんで温かいぜんざいを味わえるのは冬季期間限定、冷たいぜんざいも夏季限定です。

赤福ぜんざいの開始日

2018年10月6日(本店は24日から)
取り扱い店舗
・伊勢神宮の周辺エリア
内宮前支店、五十鈴川店、外宮前特設店、団五郎茶屋(おかげ横丁)

・鳥羽エリア
鳥羽支店、二見支店、伊勢夫婦岩めおと横丁店

・名古屋エリア
JR名古屋タカシマヤ店、松坂屋名古屋店

・四日市エリア
EXPASA御在所上り線赤福茶屋

冷やしぜんざい
五十鈴川店・鳥羽支店・二見支店・外宮前特設店で9月1日から10月5日まで販売します。

ちなみに夏に人気の赤福氷は本店では9月30日、その他店舗では10月1日をもって今季の販売は終了。

次は赤福餅の通販(宅配)の再開日について紹介します。

赤福の通販(宅配)開始日

赤福

2018年10月3日から注文受付、7日から発送開始です。

店舗なら春夏秋冬いつでも購入できますし、食べることができます。

でも、通販では赤福を1年通していつでも購入できるものではありません。

赤福宅配サービスで冬期にだけ通販でお取り寄せすることができます。

赤福ぜんざい・冷やしぜんざい・赤福氷は季節感もあり店舗にて「夏期・冬期」で提供しますが、赤福餅の通販が冬季限定であることには理由があります。

赤福の通販が期間限定の理由

結論から書くと「生菓子」であることと「過去の過ちをくり返さない」ためです。

近年、赤福は「冬期(10月中旬〜5月中旬頃)を目安に通販(宅配)をしています。
毎年いつから始まるのか決まっていません。

つまり、毎年期間が変わります。

結論で書いたとおり、生菓子だということから消費期限を製造共3日間としています。

そのため、赤福の通販が始まっても通常の宅配では購入できない地域があります。
例えば、発送日の翌日に手元まで届かない北海道の一部や東京、沖縄、鹿児島、島根、長崎などの離島などでは残念ですが、通販で購入することができません。

しかし、一律で発生する送料に別途料金を支払い「宅配タイムサービス」を活用すれば購入が可能になる地域もあります。
離島や山間部などお住まい地域が気になる人は赤福のホームページで確認できます。

・宅配タイムサービスで購入が可能になる地域
http://www.akafuku.co.jp/takuhai/delivery/area2/

そのほか、特別販売なども実施しています。

例えば、全国展開されている大手百貨店や地元大手などで開催される「特産品フェアー」のほか、東京は日本橋室町にある「三重テラス」で特別販売を時々行っています。

その赤福通販商品は本物?偽物じゃないですか?

赤福の通販で注意しなければならなことがあります。

それは大手通販サイトなどインターネット上で非正規の偽物を「赤福」として出品しているところがあることです。

赤福の宅配を正規に受付けている通販オンラインショップでの「赤福宅配サービス」ではなく、誰でも気軽に利用できてポイントなどが付与される大手通販サイトで何気なく「赤福」を検索する時々ヒットするので正規に取り扱っている小売店さんだと思うって購入したし、赤福と類似させた偽物を購入してしまうケースがあるのです。

赤福を通販で購入できるのはオンラインショップの赤福宅配サービスのみです。
※2018年9月現在

「過去の過ちをくり返さない」品質重視に

およそ10年ほど前、赤福では全国ニュースでも報道されるレベルの食品衛生、表示偽装などの事件を起こしてしまいました。

実際に食中毒などの実被害はでていません。

しかし、そこは三重県を代表する和菓子、銘菓として全国的に有名な「赤福」だからこそ、大きく報道されました。

赤福は会見を開き、2004年~2007年で総出荷の20%で売れ残った赤福の製造日の偽装をして出荷していたことを発表しました。

報道では約35~40年前から日常的に行われていたとされました。

その後、当時の経営者は一部を除き「おかげ横丁」を運営する赤福の関連企業などへ移りました。

過去の過ちを教訓として、通販・宅配サービスも冬季限定。

では、通販の注文方法をチェックしましょう。

赤福通販での注文方法

インターネットでの注文
赤福通販ショップ:https://shop.akafuku.co.jp/
はじめて利用する人は新規会員登録が必要となるため、入力が面倒な人はフリーダイヤルから電話注文をどうぞ。

電話で通販を注文する
0120-650-580
AM8時~PM17時まで受付。

FAXでの通販の注文をする
0596-22-2285
専用用紙によるFAXでの通販注文。

店頭での宅配依頼
本店/内宮前支店/五十鈴川店/鳥羽支店/二見支店/伊勢夫婦岩めおと横丁店/外宮前特設店
伊勢市駅の赤福売店/宇治山田駅の赤福売店

お支払方法は、通販(宅配)の注文方法により変わります。

株式会社赤福 宅配係
フリーダイヤル:0120-650-580
(受付時間:8時〜17時まで)

では、最後に赤福の新商品「いすず野あそび餅」についてご紹介します。

赤福に新色が登場!「いすず野あそび餅」

2018年7月に赤福としては明治44年以来、107年ぶりとなる新色の緑のあん餅を新発売。

赤福の緑あんの餅は当初「大麦の若葉」を練り込んでいましたが、2018年10月7日の販売分から「よもぎあん」に変わります。

この緑のあん餅の商品名が「いすず野あそび餅」ではなく、2017年に開催された「お伊勢さん菓子博」で限定販売された白あん、黒砂糖あん、定番の小豆の餅の4色がセットになった商品が「いすず野あそび餅」8個入り、760円です。

いすず野あそび餅の購入・受け取り方法

赤福の新作「いすずの遊び餅」は9月29日申し込み10月6日販売分までは店舗内の混雑緩和と来店者の安全面を考慮し、スマホや携帯電話を利用した抽選販売となります。

10月7日からは当日12時30分~完売次第終了の当日販売に変更されます。
※1人5箱まで購入可能。

それまでは以下でご紹介のとおり、抽選販売。

取扱店舗・受け渡し
赤福 五十鈴川店

受け渡し時間
13時~15時

当選者確認
当選通知が届いたスマホ・携帯電話を持参。

新作「いすずの遊び餅」の予約は1人1箱までの制限があります。
また、1日に提供できる数は500箱を基本とし若干変動する。

抽選・予約方法

現状、通販は実施していないため赤福 五十鈴川店に来店できることが前提です。

購入希望日の1週間前に赤福の新作「いすずの遊び餅」抽選専用の電話番号に申し込みをします。

抽選受付専用ナビダイヤル
0570-04-1707

※ナビダイヤルは通話料に情報料が加算されるため20秒ごとにおよそ10円の費用が発生します。

受付時間
8時~13時

7日前の考え方

購入を希望する日:7月17日(月)
抽選電話をする日:7月10日(月)

つまり、購入を希望する日が月曜なら抽選の予約申し込みはその前の週の同じ月曜日に電話をかけます。

抽選結果のお知らせ方法

抽選申し込み・販売初日からしばらくの間は当選・落選に限らず、スマホまたは携帯電話に赤福からSMS(ショートメール)が届きます。

今後、状況をみて抽選結果の周知方法を抽選の応募をした日の19時までに当選した人のスマホ・携帯電話にSMS(ショートメール)を送る仕様に変更となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする