東京から伊勢神宮行き夜行バスが伊勢シーパラダイス・夫婦岩まで延伸

伊勢神宮行き夜行バスが、もっと便利に

金曜の夜、会社や大学終わりに都会を離れてどこか遠くに行きたい!

そんな風に思ったことありませんか?

ほかにも、休日に気持ちいい青空を見たらでかけたくなるとか。

そんなときおススメの東京を深夜に出発して伊勢神宮・伊勢シーパラダイス(伊勢夫婦岩ふれあい水族館)・夫婦岩まで行くの夜行バスをご案内します。

スポンサーリンク

東京(池袋・新宿)や埼玉(大宮)から伊勢神宮の最寄り駅、伊勢市駅または鳥羽バスセンターまでの定期便(夜行の高速バス)は以前から運行されていました。

このブログでも「伊勢神宮に高速バスや夜行バスでアクセスする料金と時間」でご案内してます。

今回「WILLER EXPRESS(ウィラーエクスプレス) L951便」をクローズアップしたのは、縁結びの聖地「夫婦岩」や「二見興玉神社」、人気上昇中の「伊勢シーパラダイス(伊勢夫婦岩ふれあい水族館)」などがある伊勢・二見エリアまで延伸したからです。

WILLER EXPRESS(ウィラーエクスプレス) L951便

女性からも支持される高速・夜行バスを運行している「ウィラーエクスプレス」が首都圏と伊勢神宮、縁結びの聖地「夫婦岩」を結ぶ、定期運行の夜行バスです。

近年、伊勢神宮の参拝者から乗り換えなしで二見浦、夫婦岩まで行けるバスがあればとの要望が増えていたため、観光地域づくり法人「伊勢まちづくり(株)」が中心となって伊勢シーパラダイス(伊勢夫婦岩ふれあい水族館)、リゾートイン伊勢夫婦岩とともにウィラーに働きかけ実現。

夜行バスの運行は東京からだけでなく、伊勢から東京への深夜便もあるので日帰りのお伊勢参りも可能です。

出発時間と到着時刻・乗り場


東京出発:24:00 
バスタ新宿 A-1乗り場

目的地 到着時間
近鉄四日市駅 翌06:00着
白子駅西口 翌06:40着
津駅東口 翌07:30着
松阪駅北口 翌08:10着
伊勢市駅前 翌08:55着
伊勢シーパラダイス 翌09:20着
ホテルリゾートイン
伊勢夫婦岩
翌09:25着

WILLER EXPRESS(ウィラーエクスプレス) L951便の始発バス停は「YCAT(横浜駅東口)」で22:55発です。

バス代金の目安

目安の料金:3000~8700円

東京発 伊勢市駅・鳥羽方面バス予約(WILLER EXPRESS)
icon

上記は2019年6月30日時点、WILLER EXPRESS公式サイトにて、7月~9月の運行便で調べた料金です。

大型連休の前後やお盆、年末年始などは通常期の2倍以上になることもありますが、在来線と新幹線、路線バスを利用した場合の料金よりも安いです。

通常期、繁忙期で片道・往復のバス料金が変動します。

車内設備

4列シート(左右2列)ゆったりと座席幅は50cm確保。
最大140度のリクライニングにフット・レッグレスト機能のほか車内コンセントなども充実しているので快適でコスパは良いと思います。デメリットという訳ではありませんが、トイレ付の車両ではないので小さなお子さん連れの場合は不便かも。

バス予約
WILLER EXPRESS
電話予約センター 0570-200-770
(有料ナビダイヤル)
営業時間:10時~19時

伊勢シーパラダイス コツメカワウソに癒されます。

伊勢シーパラダイス(コツメカワウソ)
近隣に世界的にも有名な鳥羽水族館がありますが、ここ数年、伊勢シーパラダイス(伊勢夫婦岩ふれあい水族館)の人気が上昇しています。

展示している海の生き物たちの種類が違ったり、ふれあえる水族館というコンセプトも家族連れなどに人気の理由。

終点のリゾートイン伊勢夫婦岩まで徒歩で15分 1.2kmほど。

伊勢シーパラダイス
(伊勢夫婦岩ふれあい水族館)

営業時間 9:00 – 17:00
入場料 大人1,800円/小中学生900円
※幼児 (4歳以上)500円

住所 三重県伊勢市二見町江580
電話番号 0596-42-1760
WEB https://ise-seaparadise.com/

夜行バスの終点「リゾートイン伊勢夫婦岩」

WILLER EXPRESS(ウィラーエクスプレス) L951便が到着した目の前にリゾートイン二見(リゾートイン伊勢夫婦岩)があります。

宿泊なら予約しておくのが一番便利だと思います。

楽天トラベル:
ホテルリゾートイン二見

じゃらん:
ホテルリゾートイン二見

バス停から浜辺沿いの夫婦岩表参道を約700m、約10分程度歩くと二見興玉神社、夫婦岩があります。

途中には皇室の方々がお泊りになった賓日館など見学スポットも。

宿泊料の目安
素泊まり:
大人2人/1泊 5,371円(税抜)

朝食あり:
大人2人/1泊 6,482円(税抜)

住所 三重県伊勢市二見町茶屋537-20
電話番号 0596-43-1818

上記の宿泊料は2019年6月30日時点、楽天トラベルの料金です。

季節やキャンペーン期間などで宿泊料金は変動します。

王道お伊勢参りおすすめコース

・日帰りの場合
二見興玉神社、夫婦岩、外宮参道の散策、外宮の参拝
内宮の参拝、おかげ横丁散策、伊勢シーパラダイス

・1泊2日の場合
1日目:賓日館、二見興玉神社・夫婦岩、伊勢シーパラダイス
※相差の石神さんに行くなら移動に時間がかかるので初日に行かれてください。

2日目:早朝の二見興玉神社・夫婦岩、外宮参道の散策、外宮の参拝、内宮の参拝、おかげ横丁散策

伊勢神宮、外宮の最寄り「伊勢市駅」まではJR二見駅から電車またはバスで移動。

三重交通 伊勢営業所
電話:0596-25-7131
三重交通 夫婦岩東口~伊勢市駅 時刻検索

大衆向け「お伊勢参り」の始まり

お伊勢参りは、本来、伊勢神宮の外宮、内宮を参拝するものでした。

伊勢の御師たちが全国に伊勢神宮のお札を届けるながら「お伊勢参り」を薦めるなかで風光明媚な二見浦、夫婦岩など「伊勢観光」の魅力も伝えていました。

御師たちが「式年遷宮」について話し伝える中で現在もつづく「お白石持行事」前の二見興玉神社の禊ぎの神事「浜参宮」を模して「お伊勢さんに参る前の禊ぎ」と伝えたことが、大衆版の「お伊勢参り」として定着しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする