大阪から出雲大社へ安く行くなら高速バスで!

大阪から出雲大社までのアクセス方法のなかで一番格安な料金で行けるのは高速バス(夜行バス)です。

深夜に出発する夜行バスなら翌朝7時ごろに到着しますから午前中は出雲大社の参拝や周辺の観光。

午後から市内を走る路線バスタクシーで島根ワイナリーや日御碕の観光をするなど時間を有効に活用できます。

今回は大阪・阪急梅田から出雲大社までの高速バス・夜行バスについてご案内します。

スポンサーリンク

高速・夜行バスで大阪から出雲大社へ

出雲大社に大阪から高速バスで行くなら阪急バス、中国ジェイアールバス、一畑バスの3社共同運行する「くにびき号」に乗車します。

出雲までの所要時間は8時間で飛行機や新幹線など公共の交通機関のなかで最長ですが、大阪から出雲大社までのアクセス方法のなかで一番安く出雲大社に行くことができます。

運行本数も1日13本と充実しています。

そのうち出雲大社まで行く便は22時50分発の夜行便で翌朝6時57分に到着します。

夜行バスの降車場所は出雲大社まで徒歩2~3分の一畑バス大社連絡所(観光センターいづもの裏手)です。

昼間の高速バスを利用した場合、出雲大社から10kmほど離れた出雲市駅が降車場所。

出雲市駅から一畑電車で約16分/490円。

または路線バスで1番乗り場から出雲大社・日御碕方面行に乗車し、正門前バス停まで約30分/520円。

出雲行き 高速・夜行バス乗り場

阪急梅田高速バス乗り場
大阪から出雲大社まで運行している夜行バス、出雲駅まで行く昼便の高速バス。

どちらも大阪駅から少し離れた阪急三番街の阪急高速バスターミナルから出発します。

新大阪駅や千里ニュータウンなどからも乗車ができます。

基本の乗車料金と時刻表

夜行:大阪~出雲大社

乗車地
A:大阪梅田・新大阪・千里ニュータウン
B:宝塚インター・西宮北インター

料金
A:5500~6300円
B:5000~5800円

所要時間
A:約5時間35分
B:約8時間

夜行バスの時刻表

大阪・梅田(阪急三番街発)
22:50

新大阪/23:00
千里ニュータウン/23:10
宝塚インター/23:28
西宮北インター/23:39

JR松江駅/5:42

玉造(山陰道)/5:57

JR出雲市駅/6:37

出雲大社/6:57

高速バス昼便の時刻表

大阪、兵庫エリアは乗車。
島根エリアは出雲までの途中下車の可能性があるJR松江駅、玉造温泉のある玉造の時刻をご案内しています。

阪急三番街
6:40 7:30 8:30 9:30 10:30 12:00 13:30 15:00 16:30 17:30
18:30 19:30

新大阪
6:50 7:40 8:40 9:40 10:40 12:10 13:40 15:10 16:40 17:40
18:40 19:40

千里ニュータウン
7:00 7:50 8:50 9:50 10:50 12:20 13:50 15:20 16:50 17:50
18:50 19:50

宝塚インター
7:18 8:08 9:08 10:08 11:08 12:38 14:08 15:38 17:08 18:08
19:08 20:08

西宮北インター
7:29 8:19 9:19 10:19 11:19 12:49 14:19 15:49 17:19 18:19
19:19 20:19

JR松江駅
11:17 12:07 13:07 14:07 15:07 16:37 18:07 19:37 21:07 22:07
23:07 0:07

玉造(山陰道)
11:32 12:22 13:22 14:22 15:22 16:52 18:22 19:52 21:22 22:22
23:22 0:22

JR出雲市駅
12:12 13:02 14:02 15:02 16:02 17:32 19:02 20:32 22:02 23:02
0:02 1:02

昼の高速バスは出雲駅までの運行です。

出雲市駅からのアクセス
一畑電車で約16分/490円。

路線バスの場合は約30分/520円。
1番乗り場から出雲大社・日御碕方面行に乗車し、正門前バス停で下車。

高速バスチケットは早売5でお得に購入!

高速バスを利用する出発日の5日前までにバスチケットを予約購入すると「早売り5」の割引料金適用でさらに格安になります!

割引後の料金
4950~5310円

高速バス、夜行バスも飛行機や新幹線と同じように通常期と繁忙期でバス料金の設定価格が変わります。

また、繁忙期は早売5が適用になりません。

それでも、料金の安さではこのアクセス方法が一番です。

車両設備は3列シートのトイレ付

車内もリクライニング可能な3列シートなので男性でもゆったりと過ごせますし、トイレ付きの車両なので年配の方やお子さんと一緒の旅でも安心です。

座席はリクライニングの他、フットレストやレッグレストも装備。

ご縁の国、縁結びの聖地で有名な出雲行きの高速バス、夜行バスだけに女性客の利用が比較的に多い路線。

夜行便ではひざ掛けのサービスもあります。

定期運行している「くにびき号」は高速ツアーバスではありません。

「くにびき号」は「高速乗合バス」といってバスを実際に運行する阪急バス、中国ジェイアールバス、一畑バスの3社が乗客を募集。

大阪から出雲大社まで乗客を安全に確保においてすべての責任を負うと道路運送法に基づいて明確化している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする