フライトオブドリームズとセントレア空港お仕事体験

フライトオブドリームズ

この秋、セントレア・中部国際空港に子供たちも楽しめる新しい複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」がオープンします。

中部国際空港が経営母体の商業施設だけありFLIGHT OF DREAMS(フライトオブドリームズ)では、ここでしか見られない体験できないことを提供する。

今回は伊勢志摩地域への空の玄関口、中部国際空港セントレアでフライトの待ち時間や雨の日でも家族で楽しめる夏休みにオススメの新スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

テナントショップやフードコートが設置される2階フロアはアメリカ・シアトルの街並みをテーマに設計される商業エリアで誰でも利用でる無料エリア。

有料エリアでは空港・航空会社ならではの空港のお仕事体験をしたり、展示物を見学したりすることができます。

価格設定、詳しい料金はまだ発表されていません。

では、先に無料エリアでも見学できる新施設のシンボルで最大の展示物についてご紹介しましょう。

本題の前に開業日について追加情報がありましたので追記します。

開業日2018年10月12日に決定


フライトオブドリームズの開業日について、当初は夏を予定していましたが、空港利用者が増大する夏休みの開業日をさけて今秋10月12日にオープンすることが決定しました。

見どころは大迫力!ボーイング787の実機展示

FLIGHTOFDREAMS
FLIGHT OF DREAMS(フライトオブドリームズ)の見どころのひとつがボーイング787初号機(ZA001)の実機展示。

2階のフードコートでは間近でその機体を見ることができるように設計される。

機体の一部が展示されるのではなくボーイング787初号機、つまり飛行機がまるごと展示されるため、どちらかといえば機体の格納庫の2階デッキにフードコートがあるというイメージになり、見上げると主翼がかぶさってくるような圧巻の迫力ある光景を楽しめるとしています。

ボーイング787初号機とは

アメリカ・シカゴで創業した世界最大の航空宇宙機器メーカーのボーイング社が次世代中型ジェット旅客機として開発、製造した機体。

その世界初の生産初号機(機体番号:ZA001、登録記号:N787BA)が同機の主要部品を生産するなど縁の深い愛知県と中部国際空港(セントレア)に寄贈されました。

FLIGHT OF DREAMS(フライトオブドリームズ)が施設イメージ、コンセプトにシアトルを盛り込んでいるのはボーイング社の創業地に由来しています。

また、ボーイングのオフィシャルストアとしては米国外で初めて中部国際空港セントレアに常設出店することも決定。
そのほか商業エリアに出店が決定している14店舗についてはのちほど紹介。

次に見どころとなるのはANAがスポンサーとなるボーイング787初号機実機と展示空間の全体を利用したプロジェクションマッピング。

そのほか、ANAでは来場者が描いた飛行機の絵をデータとして読み込み、施設空間内に飛ばしタブレットで操縦することができる体験スポットを提供する。
つづいて、フライトオブドリームズで注目したい体験ポイントがJALが提供するお仕事体験。

夢を実現!パイロット・CA 空港スタッフのお仕事体験!

飛行機のパイロットやキャビンアテンダント(CA)のほか、航空機が安全に飛べるように整備する整備士など空港や航空会社のお仕事体験ができるバーチャルリアリティー(VR)も活用した体験プログラム。

JALでは他にも飛行機の飛ぶ仕組みを紙飛行機で理解を深めるプログラムを提供する。

では、最後に商業エリアのテナントとして出店が決まっている14店舗と名古屋駅からセントレア(中部国際空港)までのアクセスについてご案内しておきます。

日本初上陸の出店テナント

ボーイング ストア(boeingstore)

航空機メーカー、ボーイング社の飛行機模型やピンバッチ、文房具、Tシャツなどを販売。

日本では唯一の公式ショップでFLIGHT OF DREAMS(フライトオブドリームズ)のみで実物を見て購入ができる。

セントレアまで購入するためだけに行くことはできないという遠方の飛行機ファンにはシアトルのボーイング社が運営する通販サイト:boeingstore(https://www.boeingstore.com)で購入も可能。

Fran’s Chocolates(フランズ・チョコレート)

前アメリカ合衆国大統領のバラク・オバマ氏も大好物というシアトル発祥のチョコレート専門店。
全米でも有名で数々の賞を獲得している「フランズ・チョコレート」は日本初上陸。

Beecher’s Handmade Cheese(ビーチャーズ・ハンドメイドチーズ)

手作りチーズの美味しいお店でシアトル空港にも出店しているチーズ専門店で日本初上陸の「ビーチャーズ・ハンドメイドチーズ」はグリルチーズが入ったサンドイッチなどテイクアウト販売もあり。

Ethan Stowell PIZZA & PASTA(イーサンストゥウェル ビザ アンド パスタ)

手捏ねのピザや生パスタを提供するシアトルで人気レストランでこちらも日本初上陸のレストラン、フードショップです

STARBUCKS

日本でもなじみの深く世界的に有名なカフェ「スターバックス」もシアトル発祥。
そのほかにもシアトルブランドのフード店、シアトルで製造されたお菓子や食品・雑貨を扱うショップやシアトルの食文化をイメージして地元名古屋の老舗店など約14店舗が商業エリアを彩る予定。

フライト・オブ・ドリームズについて、もっと知りたい人は http://flightofdreams.jp/ をチェック。

最後に名古屋駅からセントレア中部国際空港までのアクセスについてご案内しておきます。

アクセス

電車の場合

名古屋駅からセントレアまで電車を利用する場合には名鉄に乗車します。

運賃(料金)870円
所要時間33分
※特急・ミュースカイは所要時間28分ですが360円高い1230円になります。

空港リムジンバスの場合

中部国際空港と名古屋市内を結ぶリムジンバスで名古屋駅から大人1200円/子ども600円
名古屋駅から名鉄バスセンター3階5番乗り場から乗車。

セントレアからレゴランドに行く人もいると思います。

名鉄で名古屋駅からレゴランドに向かうのが主流ですが、1日2便ですが時間が合えば空港から乗り換えなしでレゴランドに向かうバスも運行しています。

空港からレゴランドまで

乗り換えなしでセントレアからレゴランドまで移動できる連絡バスが1日2便運行されています。

12:05発 12:50着
16:45発 17:30着

運賃(料金)
大人1000円/子ども500円

また、中部国際空港は全国から飛行機で伊勢志摩地域へアクセスする際の玄関口にもなっています。

空港から伊勢神宮や鳥羽に行く場合、基本的には名鉄で名古屋駅まで移動してから近鉄名古屋線で伊勢、鳥羽、志摩、終点の賢島に向かうと思いますが、セントレアから高速船と特急バスを利用した移動方法もあります。

詳しくは「中部国際空港と伊勢神宮直行アクセス特急バス」でご紹介しています。

今回は中部国際空港セントレアにこの夏、新しく開業する複合型の商業施設「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」についてご案内しました。

夏休み、子どもたちと一緒にでかけてみても良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする