伊勢神宮が大好き!

伊勢神宮の参拝方法やお守り、駐車場、アクセス、観光案内まで内宮や外宮の知りたい情報が全て詰まってる!

2018年の干支「戌」年に初詣したい犬にまつわる神社

投稿日:

干支の「戌」と初詣

初詣にはその年の干支や生まれ年の干支を神さまや神使(しんし)として祀る神社に参拝するという人も少なくないと思います。

特に関西を中心に大切にされてきた初詣の古い習慣、慣わしとして根付いています。

ちなみに神使とは、神さまの御使いのこと。

今回は2018年の干支「戌(犬)」を神さま、神使とする関東、関西など各地に分社のある神社。
その他、犬と一緒に初詣ができる神社、伊勢神宮と犬のエピソードや干支の戌(犬)と戌の日参りについてもご紹介します。

スポンサーリンク

犬の神さまといえば、やはり日本武尊を先導し道案内をしたとされる神さまで御神犬とも呼ばれる大口真神(おおくちのまがみ、おおぐちまかみ)だと思います。

大口真神は日本武尊の時代から神獣、神使として崇められてきた山犬。

干支の戌(犬)の祖先ともされ、かつてイヌ科の頂点に君臨し最強を誇ったニホンオオカミを神格化している。

ほかにも、村や人びとに害をなす獣や妖怪を退治したことで霊犬として社に祀られ大切にされている地域信仰の犬の神さまもいます。

ということで、関東、関西の地域別に干支参りの初詣候補になる神社をご案内します。

干支の戌にまつわる神社

2018年の干支「戌」
関東・東北
東京、埼玉、神奈川近郊なら関東最強のパワースポットとしても人気の秩父の三峰神社。

三峰(三峯)神社

三峰神社(三峯神社)秩父
国生みの神で伊勢神宮の内宮に祀られ、国民の総氏神とされる天照大御神の父母神にあたる伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉册尊(いざなみのみこと)の二神を日本武尊がお祀りになられた「三峯宮」が三峰神社の創始。

犬年の2018年は本殿、拝殿での参拝だけでなく境内のお仮屋という社にお参りをしたい。

三峰神社では山犬(狼)である神使は三峰の深い山の奥に身をひそめているとされているので、この社殿は仮の社「お仮屋」と呼び、神殿とは言わない。

また、せっかく三峰神社を参拝するなら毎月1日にだけ授与される人気のお守り「気守」を頂きたい。

白い気守り

整理券が配られるほど人気の白い気守が配布される毎月1日は関東近県だけでなく東北、関西ナンバーの車も見受けられ早朝から三峰神社の駐車場に車を停めるための列ができる。

ちなみに元旦にも授与されるが、2017年の場合、大晦日の17時には駐車場が満車。

つまり、前日から三峰神社の駐車場で待機して深夜25時からの配布に備えていたということですね。

ちなみに整理券は三ツ鳥居付近でスタッフさんが配布します。

以前から気になっていたという人も少なくないと思いますので、アクセス方法を少し詳しくご案内します。

三峰神社までのアクセス

電車の場合
池袋駅から西武鉄道の特急を利用して西武秩父駅まで1時間20分。
三峯神社行き急行バスに乗車、約1時間30分。
または御花畑から秩父鉄道に乗り換え終点の三峰口駅からバス。

または、湘南新宿ライン経由でJR高崎線の熊谷駅へ。
熊谷駅から秩父鉄道に乗り換え終点の三峰口駅で下車。
西武バスに乗り換え、三峯神社まで。

では、最寄り駅から三峰神社に向かバスを確認しましょう。

三峰神社行き急行バス時刻表

■西武秩父駅発
08:30 ⇒ 4/29~11/26 土日祝日のみ運行
09:10 ⇒ 毎日運行
09:30 ⇒ 土日祝日運行
10:05 ⇒ 毎日運行
12:15 ⇒ 毎日運行
14:00 ⇒ 毎日運行
15:00 ⇒ 毎日運行
■三峯神社発
10:35 ⇒ 毎日運行
11:30 ⇒ 4/29~11/26 土日祝日のみ運行
12:30 ⇒ 毎日運行
13:30 ⇒ 土日祝日運行
14:30 ⇒ 毎日運行
15:30 ⇒ 毎日運行
16:30 ⇒ 毎日運行
料金
・西武秩父駅~三峯神社間…大人:930円(子ども:470円)
・三峰口駅~三峯神社間…大人:670円(子ども:340円)

白い気守の配布がある毎月1日など特定日には特別ダイヤで運行されることがありますので事前に西武バスに確認すると安心できます。

車の無い人にはアクセスが不便かも知れませんね。

車の場合
東京方面から車でアクセスするなら関越自動車道の花園ICを利用。
国道140号線から皆野寄居バイパスを経由する。

または中央自動車道の甲府昭和ICから国道140号線を走り雁坂トンネル経由で三峯神社駐車場まで。

ちょっと三峰神社の内容が長くなってしまいました。

では、次に三峰神社より少しアクセスし易い宝登山神社。

宝登山神社

宝登山神社(秩父)
この宝登山神社も2018年の干支、戌(犬)とのゆかりがあり、三峰神社と同じく大口真神を神使としており、お守りやお札に山犬(狼)が描かれている。

余談になりますが、宝登山神社は西暦110年に創建され日光東照宮を思い起こさせる煌びやかで芸術的な彫刻が施された社殿は見応えがあると高い評価を得ている。

2011年には世界的に著名な旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャンボ」にも掲載されている。

主祭神は神武天皇、大山祇神(おおやまづみのかみ) 火産霊神(ほむすびのかみ)

宝登山神社のアクセス

電車の場合
埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828

池袋駅から西武鉄道の特急を利用し、西武秩父駅まで1時間20分

御花畑から秩父鉄道に乗り換え、長瀞駅より徒歩約10分で宝登山神社へ

または、JR高崎線で熊谷駅まで行き、熊谷駅から秩父鉄道に乗り換え、長瀞駅下車。

車の場合
関越自動車道の花園ICから国道140号線、皆野寄居バイパスを経由。

三峰神社も宝登山神社どちらも埼玉の秩父市。

初詣の季節は降雪があり寒いので暖かくして出かけて下さいね!

ほかにも、関東では東京の青梅市にも三峰神社や宝登山神社と同じく大口真神を祀る神社があります。

武蔵御嶽神社

ここも、主祭神は櫛真智命という神さまですが、ご本殿のさらに奥に大口真神社(おおくちまがみしゃ)があり、大口真神をお祀りしています。

個人的には実際に参拝したことのある三峰や宝登山の方が周辺の観光スポットも合わせてオススメです。

最寄り駅
JR青梅線 御嶽駅
御嶽駅からバスに乗り換え、ケーブル下で下車。

御岳登山鉄道の滝本駅から御岳山駅下車。

つづいては東北です。

犬の宮

正しく干支に描かれる戌(犬)を祀る神社。

和銅の時代に村人を助けた犬を祀るのが、この「犬の宮」だと言われています。

冒頭で書いていた霊犬にあたりますね。

初詣に行くにはちょっと遠いけど、旅行のつもりでなら…

余談ですが猫を祀る「猫の宮」が隣接しているようです。

山形県東置賜郡高畠町高安910

つづいては関西で調べて見ましょう。

関西・東海
関西で干支参りと言えば、例年ご案内している京都の下鴨神社ですね。

下鴨神社

干支参り

下鴨神社は(賀茂、鴨、加茂)神社の総本宮。

京都では下鴨神社の干支参りが浸透していることから初詣にその年の干支の神さまを祀る境内社をお参りする人も少なくありません。

境内に十二支それぞれに小さな社があり、戌年は「大己貴神」が守護神だとされています。

この神さま大己貴神は出雲大社の主祭神、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)の別名で
十二の異名ごとに違った性質があり、戌年は医薬の神、国づくりの神としている。

そのほか、東海地方の静岡や愛知にも犬を祀る神社がありました。

・矢奈比売神社(霊犬神社)
悉平太郎(しっぺいたろう)という勇敢な犬を祀っている。
磐田市見付1114-2

・伊奴神社(いぬじんじゃ)
名古屋市西区稲生町
愛知県名古屋市にある神社は、その名も「伊奴(いぬ)神社」。
犬が描かれた御幣が村を洪水から守り、その御幣を祀るために神社が創建されたという伝説が残っています。

次は視点を変えて犬と一緒に干支参りの初詣ができる神社をチェックしましょう。

犬と初詣できる神社

最近ではペットと一緒に参拝した、ご祈祷を受けられるところも増えていますので、ご紹介するほどでもありませんが関東と関西、東海エリアからペットと参拝できると知られている神社を1か所づつご紹介しておきます。

関東
市谷亀岡八幡宮
広く親しまれる八幡さまを祀り、創設500年を超える歴史ある神社。
こちらの神社では初詣また干支が戌だから特別にということでなく、普段からペットたちと一緒に参拝することができます。
ペット用のお守りもバンダナタイプやストラップタイプなど種類も豊富。
お正月の初詣には事前予約で「ペットと一緒の初詣のご祈祷)」も可能です。
東京都新宿区市谷八幡町15

関西
少彦名神社
創建はさほど古くはなく江戸時代、安永9年(1780年)
豊臣秀吉の時代から多くの薬種業者が軒を連ねていた神社のある大阪、道修町(どしょうまち)に五條天神社(京都・下京区)から日本の医薬の神さま「少彦名(すくなびこな)」を分祀、中国の医薬の神「神農炎帝(しんのうえんてい)」とともに祀ったことに始まります。
大阪府大阪市中央区道修町2-1-8

東海
伊豆神祇大社
こちらもペットと一緒に参拝できる神社。
ペット用の水場やお守り、犬の顔を模ったペット用の絵馬なども用意されています。
静岡県伊東市富戸1088-8

以上、干支の戌(犬)を祀る神社、一緒に初詣できる神社のご紹介でした。

ここからは伊勢神宮と犬のエピソードや戌の日参りなど、小ネタ的な内容です。

お伊勢参りのおかげ犬

例年、初詣に多くの参拝者が訪れる伊勢神宮は2017年の干支の酉につづいて、2018年の干支の犬ともご縁があります。

内宮につづくおはらい町やおかげ横丁を散策すると目にする可愛らしい犬のキャラクターがプリントされたお土産物。

そのモデルは主人に代わって伊勢神宮へ参拝した犬「おかげ犬」です。
 
お伊勢参りが盛んだった江戸の昔、交通手段といえば歩くしかなかった時代に体の弱い人や年配の人が江戸から伊勢まで行くのは大変な事でした。

そんな人の代わりに、伊勢神宮に代参したのが「おかげ犬」です。

伊勢へ向かう同じ村の知り合いや犬好きな旅人に託して連れて行ってもらったり。

そんな人もいないときは、愛犬だけで旅に出すこともありました。

その時には一目で伊勢神宮への代参犬であることが分かるように「しめ縄」に「神札代」「餌代」として小銭を巻きつけます。

そして、お伊勢参りに向かう犬であること、飼い主の名前や住所を書いた紙を入れた布袋を結び付けていました。

無事にお伊勢参りを終えた犬に巻きつけられた布袋には、伊勢神宮の神札が納められ、飼い主のもとへに帰ってきたといいます。

少し話が反れますが、伊勢神宮では置物の「えと守」を毎年数量限定で12月初旬から授与します。

えと守の授与がいつからなのか気になる人は「伊勢神宮 お守り」の記事内で内宮、外宮のほか別宮のお守りや御神札とあわせてご紹介しています。

では次に戌の日参りについてです。

戌の日参り

戌の日参り2018
これは確かに「戌」ですが犬は一度にたくさんの子どもを産み、比較的に安産だという点から戌の日参りで安産祈願、子宝祈願ということですからその神社に祀られている神さまが「戌」の神さまだとは限りません。

例えば、東京で戌の日参りの安産・子授けで有名な水天宮も祀られている神さまは「犬(戌)」ではなく天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)と壇ノ浦の戦で知られる安徳天皇(あんとくてんのう)二位の尼(にいのあま)建礼門院(けんれいもんいん)の4柱の神さま。
※神さまは柱と数えます。

では、最後に干支の戌にあやかって戌年の2018年の戌の日をご紹介します。

戌年の戌の日参りで安産祈願!

1月6日(土)・18日(木)・30日(火)
2月11日(日)・23日(金)
3月7日(水)・19日(月)・31日(土)
4月12日(木)・24日(火)
5月6日(日)・18日(金)・30日(水)
6月11日(月)・23日(土)
7月5日(木)・17日(火)・29日(日)
8月10日(金)・22日(水)
9月3日(月)・15日(土)・27日(木)
10月9日(火)・21日(日)
11月2日(金)・14日(水)・26日(月)
12月8日(土)・20日(木)

スポンサーリンク

-その他の神社

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

安芸の宮島海中鳥居

安芸の宮島「厳島神社」観光ブックに載らないあのマナー

安芸の宮島「厳島神社」 広島の観光名所としても有名な安芸の宮島。 宮島は日本三景のひとつでもある美しい神宿る島です。 この宮島に世界遺産にも登録された「厳島神社(いつくしまじんじゃ)」があります。 子 … 続きを読む

2016年の干支

2016年の干支「申」日吉大社・日枝神社の神猿さん

毎年、その年の干支にかかわる神社に初詣をするという人も少なくないですね。 2016年は、申年(さるどし)。 実は、この猿(申)は伊勢神宮とも関係があるのを知っていますか? 今回は、申年にちなみ猿とかか … 続きを読む

伏見稲荷大社(京都)

伏見稲荷大社の参拝時間と所要時間の目安とご利益

伏見稲荷 祇園、嵐山、貴船と魅力ある観光エリアが点在し国内のみならず海外からも人気の京都。 京都の旅行ガイドや観光ブックでも必ず紹介される有名な伏見稲荷大社ですが、実は知ってるようでお稲荷さんの参拝方 … 続きを読む

出雲大社縁結び

出雲大社の縁結び効果を高くする2つの場所

出雲大社の縁結び 島根県出雲市の「出雲大社」は国津神、産土神を統率してきた大国主大神を祀る神社。 広く縁結び、福徳の神として知られています。 この出雲大社の伝統的な参拝方法とご利益を高める参拝ポイント … 続きを読む

橿原神宮(奈良)

奈良橿原神宮の紀元祭と春の神武祭2017年

奈良 橿原神宮 2月11日は建国記念の日。 この日、伊勢神宮で建国記念祭が橿原神宮では紀元祭がおこなわれます。 伊勢神宮はいわずと知れた日本国民の総氏神とされる天照御大神が祀られ神社界の頂点に立つ有名 … 続きを読む

スポンサードリンク