伊勢神宮が大好き!

伊勢神宮の参拝方法やお守り、駐車場、アクセス、観光案内まで内宮や外宮の知りたい情報が全て詰まってる!

大江戸温泉物語伊勢志摩の日帰り宿泊料金とアクセス

投稿日:2015年12月13日 更新日:

大江戸温泉伊勢志摩

日帰り温泉といわれたとき、一番初めに思い浮かべるところはどこでしょうか?

地域によって違いはあっても広く知られている人気の日帰り温泉といえば「大江戸温泉物語」ではないでしょうか。
数年前から日帰り入浴だけでなく宿泊もできて気軽に泊まれるホテル温泉施設としても人気が高い。

特に東京や関東の人はスーパー銭湯の延長的な感覚で一人ぶらりと日帰りの入浴。
家族で訪れても元気な子供たちが一緒でも本格的な温泉宿にくらべると比較的に周囲の目も優しい感じを持っているのではないでしょうか。

そんな大江戸温泉が伊勢神宮から約1時間程度の場所にあります。
やっぱり寒い季節には温泉に入って体の芯まで温まりたいですよね!

今回は大江戸温泉物語「伊勢志摩」の日帰り温泉と宿泊料金、最寄り駅までのアクセス方法などを紹介します。

ほかにも、子供たちに人気の体験、参加型のイベントや施設などをご案内します。

スポンサーリンク

さっそく日帰り温泉と宿泊料金についてチェックしましょう。

その前に車で行こうと思われている人はたぶん「カーナビ設定」をすると思います。

最新のカーナビであれば迷うことはないと思いますが、3・4年前のものだと「旅情館紫光」と表示されるかもしれません。

大江戸温泉伊勢志摩は旅情館紫光をリノベーションしてオープンしたため、そちらを目指してもらえれば到着します。

大江戸温泉物語 伊勢志摩の日帰り温泉料金

平日 月~木
大人:1000円
子ども:500円
※タオル込み

あれ?

土日の料金は?

そう思った人もいるかも。

東京をはじめ関東の人だと日帰り入浴のできるイメージが強いですよね。

でも、最近では温泉旅館・ホテルとしても色合いが濃くなっています。

特に観光地に近いところ。

日帰り温泉といっても、生活圏から日帰りで温泉を楽しめる場所という意味で使われることが多くなっています。

この伊勢志摩の大江戸温泉もホテルの宿泊メインです。

でも平日に限って日帰りの入浴ができます。

つまり、土日の日帰り入浴はできないということです。

また平日も年末や年始、お盆など繁忙期には宿泊利用がメインになるため受付けていないことがあります。

次は宿泊の料金です。

宿泊料金

大江戸温泉伊勢志摩

大人1人:12700円
小学生:4700円

せっかくの旅行ならビジネスホテルよりも温泉旅館でのんびり、ゆったり過ごしたいですね!
でも、本格的な温泉旅館やホテルは高いのが現実。

大江戸温泉物語「伊勢志摩」の宿泊料金1人12700円も高いよ!
値段だけ聞くと高いと思う人もいるかも知れません。

でも、1泊2食で英虞湾で水揚げされた新鮮な魚の刺身、季節によっては伊勢えびなども夕食・朝食のバイキングで食べることができて、天然温泉。

家族や友達同士で1部屋に泊まればむビジネスホテル並みの料金で温泉ホテルに宿泊することができる。

1人あたり、最大5000円安くなります。

そう考えたら格安ホテルじゃないかなと思います。

大江戸温泉 伊勢志摩の宿泊料金と宿泊プランを楽天でチェック

次は近隣のプレイスポットを紹介します。

温泉のあとは磯遊び体験

大江戸温泉伊勢志摩のある浜島町は都会に住む人からすれば、地方都市どころか田舎です。

暮らすには不便かも知れません。

でも、都会に住んでいる人たちにとって驚きや簡単に体験することができない貴重な経験をすることもできます。

例えば、磯遊びや釣り。

都会にいるとなかなかできることではありませんよね!
といっても実際の磯だと慣れていない都会の子どもたちには危険。
岩や貝殻の破片でケガをしないか心配で思いっきり遊ばせてあげられない。
そんな親御さんも少なくないですね。

安心して思いきり自由に遊ばせてあげたいなら磯遊びが体験できる「海ほおずき」がおすすめです。

海ほおずき
潮がひいた磯を再現した「わんぱく磯」が子どもたちに人気です。

ただ磯を再現しているだけでは子どもたちも楽しくない。
ここは実際に魚やヒトデ、砂浜などリアルな磯になっている。
魚を捕まえたり、ヒトデにさわってみることができる。

そこに子どもたちは魅力を感じるようです。

しかし、自然の磯と違い鋭角にとがった岩や流れ着いたガラス片などでケガをする心配がない。
近県の子どもたちが団体で訪れるなど知る人ぞ知る人気スポットです。

管理されたところで水深も浅く安心して遊ばせてあげることができるのでママさんたちに好評のようです。
そのほかにも、季節によっては「火おこし」や「飯ごう」を使ってたこ飯をつくるサバイバル体験が特別メニューとして用意されている。

さらに伊勢えびやカツオ、サザエなどを使った郷土料理づくり体験や本格的な干物作りを子どもたちと一緒に体験もできます。

利用料金
小学生~大人 700円
3歳以上小学生未満 200円

浜島町・磯体験施設「海ほおずき」
三重県志摩市浜島町465-14
詳細は公式サイトから確認ください。
http://www.umihozuki.org/

アクセス


三重県志摩市 浜島町浜島1035
大江戸温泉伊勢志摩までは最寄り駅の鵜方駅から無料シャトルバスが運行されています。

電車の場合

・東京からのアクセス
東京→名古屋→鵜方
東京から名古屋まで新幹線で約2時間。
名古屋から近鉄特急で鵜方まで約2時間。

・大阪からのアクセス
大阪→鵜方
近鉄上本町から特急で約2時間20分。

・京都からのアクセス
京都→鵜方
近鉄京都駅から特急で約2時間50分

鵜方駅から大江戸温泉伊勢志摩まではシャトルバスで約20分です。

車の場合

東京から東名
名古屋から東名阪
大阪から名阪
京都から名神

それぞれ高速道路を利用して伊勢自動車道の玉城ICから県道サニーロードを利用。
さきに伊勢神宮へ参拝を考えている人は玉城ICの1つ先の伊勢西ICを利用。

スポンサーリンク

-伊勢観光

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

伊勢観光

伊勢・鳥羽、志摩の人気観光地20選

伊勢神宮と伊勢志摩の観光 伊勢といえば、誰もが伊勢神宮を思い浮かべますよね! 観光スポットとしても人気の伊勢神宮。 ほとんどの伊勢志摩を巡る観光ツアーでは伊勢神宮の内宮と外宮の参拝と、おかげ横丁の散策 … 続きを読む

斎王の宮「斎宮」の姫体験と「さいくう平安の杜」

斎王の宮「斎宮」 伊勢神宮の天照大御神に仕えた皇女。 都から離れた伊勢の地で、人と神との架け橋として、国の平安と繁栄を願い、神への祈りを捧げる「斎王(さいおう)」 斎王の宮殿である斎宮(さいくう)は、 … 続きを読む

夏旅行の思いで

夏旅行で子供たちが笑顔になる伊勢志摩のおすすめ

夏の旅行!子供も楽しめる伊勢志摩 子育て世代のファミリーが旅行するとき、旅行先を選ぶ基準は子供たちもたいくつしない楽しいところになりますよね! 東海・近畿エリアのトレンド的には名古屋にオープンしたレゴ … 続きを読む

レゴランド

レゴランド名古屋から伊勢神宮と伊勢志摩の旅へ

レゴランド名古屋とホテル 尾張名古屋は城でもつといわる愛知県名古屋市に誕生したレゴランド。 これまでに東京や大阪にレゴランドディスカバリーセンターという屋内施設は存在していたがアトラクションなどを完備 … 続きを読む

スヌーピーカフェ伊勢

スヌーピーカフェ伊勢限定メニューと神宮の意外な接点

スヌーピー茶屋伊勢 だれでも知っているやんちゃでかわいい犬のキャラクター。 スヌーピーとコラボしたピーナツカフェ、スヌーピー茶屋が日本で展開されている。 日本で最初にオープンしたのは流行の発信地、原宿 … 続きを読む

スポンサードリンク