伊勢神宮が大好き!

伊勢神宮の参拝方法やお守り、駐車場、アクセス、観光案内まで内宮や外宮の知りたい情報が全て詰まってる!

伊勢神宮の外宮で「女子必見のアノお守りを発見!」

投稿日:2015年9月22日 更新日:

外宮で発見!

これまでに「伊勢神宮のお守り」について紹介した記事で「縁結びや恋愛成就」のお守りはありません!

そう書いていました。

実は、毎年のように伊勢神宮を参拝していて、これまで気付けませんでした。

訂正します。

申し訳ありません、心が貧しい人は読まないでください。

スポンサーリンク

一昨日、伊勢から帰宅。

写真とおみやげを整理していて「運命の人が見つかるかもしれないハートマークのお守りがある」ことに気付きました。

では、さっそく。

運命のハート守り

ハートマークといっても、お守りそのものがハートの形をしたものではありません。

最初からハートの形をしていれば誰でも気付くだろう。

私自身、これまで何度も神宮に行っているのでハッキリそんな変わったお守りがあれば気付きます。

実は、そのハートマークのお守りは以前から外宮で授与されていました。

だから、もう持っている人も多いかもしれません。

それが、これです。
お守りハート

上の画像「開運鈴守り」を2つ合わせる(合成)とハートマークだと思いませんか?

伊勢神宮の内宮にもありますが、外宮のものとは形が違うためハートにはなりません。

外宮では勾玉の形をしているため、こんな感じになります。

でも、伊勢神宮のオフィシャルでは、これまで紹介してきたように縁結びや恋愛成就のお守りは実際には無い。

人によっては、ふざけるな!こんな子供じみたイタズラみたいなことをして!

そんな風に思われるかもしれない。

しかし、本当の見えない運命の赤い糸やご神徳(ご利益)は、縁結び、恋愛成就という言葉や文字、形で現されるものではない。

自身のたゆまない努力や行動にたいして、私たちが考えおよびもしない見えざる神威(しんい)によって奇跡を現してくれるものです。

もしも、みなさんが外宮さんの開運鈴守りを持っていて、好きな人や気になる人、これから出会う誰かが同じ色のものを持っていたらどうでしょう。

それが2つ合わて1つのハートになる、なんだか運命の人かも知れないと思いませんか。

なんだふざけるな!と途中で読み飛ばす人もいたと思います。

ここまで、読んで下さった人は心豊かな人です。

縁結びや恋愛成就のお守りが、伊勢神宮に無くても、みなさんのように心豊かであること、最後まで相手の話すことを聞くことができる人であれば素敵な運命の人と巡り合えると思います。

その他、お守りについては
伊勢神宮のお守りの種類と価格でご紹介しています。

最後に外宮さんへのアクセス方法を簡単に紹介します。

伊勢神宮 外宮へのアクセス
住所:三重県伊勢市豊川町279

最寄り駅:JR・近鉄「伊勢市駅」
駅から徒歩で5~10分ほど。

スポンサーリンク

-伊勢神宮のいろいろ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

月読宮

月読宮の子宝縁結び効果と伊勢神宮内宮からのアクセス

内宮 月読宮 伊勢神宮の境外にある別宮では一番近いところにある月読宮(つきよみのみや) でも、観光で訪れると境外にあるから見落としがち。 だけど、個人的なお願い事NGの内宮や外宮と違ってダイレクトに縁 … 続きを読む

伊勢志摩サミット

伊勢志摩サミット会場「志摩観光ホテル」と賢島

伊勢志摩サミット 2016年5月に先進国首脳会議が伊勢志摩で開催されることになりました。 伊勢志摩サミットの会場となるのは、伊勢神宮からも遠くない賢島の「志摩観光ホテル・ベイスイート」。 この伊勢志摩 … 続きを読む

神嘗祭2016

神嘗祭の意味と伊勢神宮での日程と内容

神嘗祭 実りの秋十月。伊勢神宮では最も重要な神事とされている神嘗祭(かんなめさい)がおこなわれます。 神嘗祭にさきだって宮中では天皇陛下が宮中三殿(きゅうちゅうさんでん)で神々に新穀(しんこく)をささ … 続きを読む

衣替えの時期

衣替えの時期符合する伊勢神宮の神御衣祭とは

衣替えと神御衣祭 日本では季節の移り変わりで大きく年2回の衣替えがありますよね。 家庭ではハッキリとしませんが、学校や会社では基本的に6月と10月に制服、スーツの衣替えをします。 近年では春の衣替えを … 続きを読む

明治神宮

伊勢系の神社と神宮遥拝所の違いってナニ?

伊勢神宮の遥拝所と 伊勢系の神社の違い 江戸の昔、伊勢神宮への参拝は庶民のあこがれでした。 しかし、今のように交通機関も発達していない時代の神宮への参拝は大変なこと。 そのため、日本各地に遥かはなれた … 続きを読む

スポンサードリンク