伊勢神宮が大好き!

伊勢神宮の参拝方法やお守り、駐車場、アクセス、観光案内まで内宮や外宮の知りたい情報が全て詰まってる!

伊勢神宮の紅葉の見頃と東海エリアの人気紅葉スポット

投稿日:

伊勢神宮 紅葉

紅葉前線は列島を南に進み関東や東海、近畿でも標高の高い山頂部では10月中旬から下旬に紅葉の見ごろを迎えます。

楓(かえで・もみじ)や銀杏(イチョウ)をはじめとした落葉樹が越冬の準備に向けて赤や黄色に葉色を変える木々の衣替え。

夏、活力みなぎる緑の木々もパワーをもらえる気がして好きですが秋のこの季節しか見ることのできない色彩豊かな紅葉に心も高揚し感動してしまいます。

今回は伊勢神宮での紅葉の見ごろと時期、おすすめの紅葉スポット、ライトアップ情報などをご紹介します。

スポンサーリンク

では、さっそく伊勢神宮で紅葉が見ごろになる時期をチェックしましょう。

紅葉が内宮・外宮で見頃(見ごろ)の時期

11月下旬から12月上旬

その年の気温によって変動しますが基本的に伊勢神宮の秋の神事である新嘗祭(11月23日)のころには紅葉が始まっています。

でも、せっかくなら見ごろを迎える時期に行きたいですよね!

伊勢神宮の内宮と外宮の両宮が紅葉の見頃となるのは例年11月下旬から12月上旬にかけてです。

見ごろを迎えた紅葉は神宮宮域を華やかに彩ります。

では、次に伊勢神宮の紅葉おすすめスポットです。

おすすめの紅葉スポット

伊勢神宮の紅葉
内宮と外宮どちらも木々に囲まれた自然豊かな場所です。

そのなかでも宮域を流れる五十鈴川の川面を紅く染める楓が美しいとされる内宮の五十鈴川御手洗場から眺める紅葉が人気です。

ここは多くの人が訪れるところなのでメジャーな紅葉スポットとして知られていますよね。

この季節は対岸の紅葉を背景に記念撮影する人も少なくありません。

ちなみに夏なら五十鈴川の上流にレンズを向けて川面をローアングルで撮影すると躍動感のある写真が撮れます。

ちょっと通な感じがする穴場撮影スポットは風日祈宮橋からの紅葉

伊勢神宮の内宮別宮で同じ境内にある風日祈宮に向かう途中にかかる橋から眺める紅葉。

内宮の紅葉スポット

秋晴れの日なら五十鈴川の両岸から赤や黄色に染まった木々が迫り出しキラキラと輝きのある紅葉を楽しむことができます。

宇治橋のように幅広い橋ではなので見物も記念撮影も参拝者の邪魔にならないよう配慮が必要です。

次にライトアップについてチェックします。

ライトアップ

全国の有名紅葉スポットでは夜間のライトアップをしている場所も少なくありません。

もみじやイチョウが色鮮やかにライトアップされ映し出される光景は幻想的で素敵ですよね!

伊勢神宮では残念ながら紅葉が見ごろの時期でも参拝停止時間の関係でライトアップを実施していません。

ライトアップされた紅葉を楽しみたい人は東海地域で有名な愛知県の豊田にある香嵐渓やイルミネーションで有名な三重県桑名のなばなの里に行ってみてはいかがでしょうか。

では、せっかくなので香嵐渓となばなの里について簡単に紹介します。

香嵐渓

紅葉のライトアップ
愛知県豊田市足助町飯盛
伊勢神宮まで約2時間15分

関東首都圏から車でアクセスする人なら豊田JCTから約1時間ほどの場所にある人気の紅葉スポット。

電車の最寄り駅からは離れているためさらにバスを利用して40分~1時間ほど要するので時間を有効に使うには車が便利です。

常時利用できる駐車場が8ヶ所(約670台)あり、紅葉シーズンには臨時駐車場も開設されます。

香嵐渓のもみじは、およそ380年前に香積寺というお寺の住職が楓(かえで・もみじ)を飯盛山に植えたのが始まりで現在では11月に「香嵐渓もみじまつり」が実施されるなど紅葉の名所として親しまれています。

そして香嵐渓もみじまつり期間中(11月1日~30日)は21時までライトアップがされています。

香嵐渓が紅葉の見頃を迎えるのは例年11月中旬から下旬ごろです。
香嵐渓もみじまつりだけを堪能するのも良いかもしれませんね!

次に紅葉をイルミネーションと一緒に楽しめる「なばなの里」もチェック!

なばなの里

紅葉とイルミネーション
三重県桑名市長島町駒江漆畑270
伊勢神宮まで約1時間30分

トリップアドバイザーが今年発表した「行ってよかった!紅葉名所ランキング」でTOP10にランクインした異色の紅葉スポット。

なばなの里は毎年実施されているイルミネーションで有名ですよね!

毎年、たくさんの旅行会社やツアー会社で秋冬の旅行プランやツアーのコースに組み込まれる「なばなの里」には300本以上のもみじが植樹されている。

こちらもライトアップされたもみじが鏡池の水面に映えて幻想的な光景を見ることができます。

電車でのアクセスなら近鉄長島駅が便利。

紅葉が見ごろとなる時期は近鉄の急行電車が土休日に限り臨時停車します。
さらに近鉄長島駅からなばなの里への直通バス(所要時間:約10分)が運行されます。

なばなの里への直通バスが運行されるのは2016年10月15日~2017年5月7日まで。

車でのアクセスは伊勢湾岸自動車道の湾岸長島ICが便利。
無料駐車場3000台完備。
さらに紅葉シーズンやイルミネーション実施期間中は2700台分の臨時駐車場が増設されるため最大5700台が駐車無料

参考までに車または電車で伊勢神宮へアクセスする方法について過去記事をリンクしておきます。
伊勢神宮 アクセス(電車)
伊勢神宮 アクセス(総合)
伊勢神宮 駐車場

伊勢神宮では日差しを浴びて神々しい紅葉。
香嵐渓やなばなの里では幻想的なライトアップされた紅葉。

どちらも素敵ですね!

スポンサーリンク

-伊勢神宮のいろいろ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

伊勢志摩サミット

伊勢志摩サミット会場「志摩観光ホテル」と賢島

伊勢志摩サミット 2016年5月に先進国首脳会議が伊勢志摩で開催されることになりました。 伊勢志摩サミットの会場となるのは、伊勢神宮からも遠くない賢島の「志摩観光ホテル・ベイスイート」。 この伊勢志摩 … 続きを読む

巫女

伊勢神宮の奉納行列 神嘗祭に参加できる特別な行事

奉納行列 伊勢神宮の神事の中でも、重要とされる神嘗祭(かんなめさい)。 古来より、特別に重んじられてきた神様への感謝をささげる行事です。 そんな神嘗祭を見学するだけじゃなく、実際に参加して関わることが … 続きを読む

新嘗祭

新嘗祭の意味と伊勢神宮での日程と内容

新嘗祭 伊勢神宮で秋におこなわれる大切な神事の1つ「新嘗祭(にいなめさい)」 秋は伊勢神宮をはじめ全国の神社で重要な祭事、神事が多くおこなわれます。 例えば、10月は伊勢神宮のもっと重要な神事とされる … 続きを読む

二見浦 朝日

伊勢神宮の観光大使「御師」さん館はおもてなし旅館

観光大使「御師」さん 江戸時代、お伊勢参りは庶民の憧れでした。 いまでは交通機関が発達して関東や関西からなら日帰り。 北海道や沖縄からでも1泊2日あれば伊勢神宮に参拝することができます。 鉄道や車など … 続きを読む

伊勢神宮の由貴の大御饌

月次祭の意味と伊勢神宮での日程と内容

月次祭(6月・12月) 伊勢神宮では年間を通してさまざまな神事祭事がおこなわれています。 そのなかでも10月の神嘗祭と6月・12月の月次祭は三節祭と呼ばれる由緒深いものです。 比較的に神嘗祭(かんなめ … 続きを読む

スポンサードリンク