伊勢神宮が大好き!

伊勢神宮の参拝方法やお守り、駐車場、アクセス、観光案内まで内宮や外宮の知りたい情報が全て詰まってる!

出雲大社の縁結大祭2017年の申込詳細

投稿日:2015年10月26日 更新日:

出雲大社の縁結大祭

出雲大社の神在月・神在祭についてご案内した記事で「縁結大祭という女性に人気の神事があり、定員制で申込が必要。毎年約1ヶ月前に詳細が公開されます」とお伝えしました。

その「縁結大祭」の申込詳細が発表されたので紹介します。

2017年も例年と変わりない申し込み方法ですので知っているという人は読む必要がありませんが、参加申込みの締切日はチェックした方がいいかも。

また、けっこう勘違いされている人が多いので「神在月」と「神無月」について、少し知っている人向けの内容も書いています。

スポンサーリンク

出雲大社の神在月と神無月

1つだけ、「神在月」と「神無月」について少し知っている人に質問です。

全国的に10月は神無月といいます。

でも、出雲大社のある出雲地方では神在月といいます。

この説明は「正解」「不正解」どちらだと思いますか?

実はコレ「不正解」が正しい答えです。

はぁ 何言ってんの?

そう思う人もいると思うので簡単に説明しておきます。

ポイントは「旧暦の10月」だという点です。

2017年11月27日(月)夜 ~ 12月4日(月)
今年2017年の出雲大社の神在祭の期間です。

出雲大社の神在祭は古くから旧暦の10月10日~10月18日におこなわれます。

神在月解説

どうでしょう?

言葉で伝えるのは難しいのでイラストにしてみました。

読み手のとらえ方もあります。

でも、けっこうテレビや旅行ガイドブックでも毎年10月になると「全国的に神無月」だけど「出雲では神在月」的なアナウンスがされているため勘違いしやすいんですよね。

なかには、どうして10月を神無月というのかと思う人もいるかも知れません。

簡単に説明しますね。

出雲大社の大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)の下に全国から神さまが集まり、さまざまな縁の結び付けを決める会議をするため地元には留守神さまをのこして、神様が不在になるから「神無月」だとされています。

まえおきが長くなりました。

本題の今年の縁結大祭の申込方法です。

縁結大祭の申込詳細(2017年)

本年も例年と変更点はありません。

はじめて参加する人、ご存知でない人は参考までにご確認ください。

縁結大祭実施日

1日目:2017年12月2日(土)10時~
2日目:2017年12月4日(月)10時~

臨時縁結大祭
12月1日・12月3日の2日間 午前10時

会 場:出雲大社御本殿

祈祷料:5000円

受 付:境内の銅鳥居前受付テント

定 員:2000人

申込の方法
往復ハガキでの郵送

締め切り
発表され次第 お知らせします。
11月 24日までに出雲大社に往復ハガキが届いていること。

参加者の名前と住所、連絡先電話番号(連絡のつきやすい番号)
参加希望日を明記します。

送り先
〒699-0701
島根県出雲市大社町杵築東195

出雲大社社務所内 縁結大祭係 宛

申込の注意点
往復ハガキ1枚につき参加者は1名まで。

友達同士で参加を希望の場合でも代表者1通で申込という団体申込はできません。

当日の注意点
出雲大社から送られてきた「参列通知」を持参すること。
神前の神事へ参加するにあたり失礼のない服装。

伊勢神宮で御垣内参拝(特別参拝)をされた経験がある人は、その服装で支障ありません。

とはいえ、神宮の御垣内参拝ほど厳しくはありませんので少し緩めても問題はないと思います。

出雲大社での参拝時の服装が気になる人は「伊勢神宮の参拝/服装は男性より女性が難しい」に伊勢神宮での服装について書いていますので参考にしてみてください。

余談ですが、出雲大社の縁結大祭は正直1回しか参加したことがありません。

それってブログタイトルが「伊勢神宮が大好き!」だから「出雲大社は嫌い!」ということ?

いえいえ、なかなか出張とかもありませんし、距離的に何度も島根県の出雲まで参拝に行くのも社会人になると難しいだけです。

このごろ奥出雲周辺も人気みたいですから出雲大社と松江城や宍道湖、玉造温泉とあわせて行ってみようかな。

もう少し出雲大社の神在月・神在祭の日程や期間中のその他の神事について知りたい人は「出雲大社の神在月・神在祭の日程」をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

-その他の神社, 出雲大社

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結婚式厳島神社

厳島神社の神前結婚式と伝統の婚儀舞楽

厳島神社 結婚式 女の子なら誰でも一度は夢見たことがある結婚式。 ここ数年、自分たちの思い出や趣味を取り入れた自分スタイルの結婚式を挙げるカップルが増えているようです。 そのひとつとして神さまの前で結 … 続きを読む

伊弉諾神宮(淡路島)

淡路島観光で注目の伊弉諾神宮と諭鶴羽山の参拝とアクセス

淡路島 伊弉諾神宮 国生みの地、瀬戸内海で最大の島「淡路島」の観光スポットといえば明石海峡大橋やあわじ花さじき、伊弉諾神宮などが有名ですね。 瀬戸内海の島々には神話時代からつづく多くのパワースポットが … 続きを読む

橿原神宮(奈良)

奈良橿原神宮の紀元祭と春の神武祭2018年

奈良 橿原神宮 2月11日は建国記念の日。 この日、伊勢神宮で建国記念祭が橿原神宮では紀元祭がおこなわれます。 伊勢神宮はいわずと知れた日本国民の総氏神とされる天照御大神が祀られ神社界の頂点に立つ有名 … 続きを読む

赤間神宮(下関)

赤間神宮の神様と参拝方法アノ秘密の神鏡の謎と平家の里

赤間神宮 下関と伊勢、遠く離れた赤間神宮と伊勢神宮。 瀬戸内海、関門海峡を望む高台地に建立された赤間神宮、三重県伊勢市の五十鈴川流域に祭祀されている伊勢神宮。 両神宮は、いづれも皇室のご先祖にあたる神 … 続きを読む

北海道神宮のお守り

北海道神宮のお守りと頓宮の縁結びのご利益

北海道神宮 一年を通して多くの観光客が訪れる北海道。 その北海道札幌の中心部に縁結びや金運アップのご利益があると人気の神社があります。 今回は、北海道神宮のお守りとお札、縁結びのご利益で話題の頓宮や参 … 続きを読む

スポンサードリンク