伊勢神宮が大好き!

伊勢神宮の参拝方法やお守り、駐車場、アクセス、観光案内まで内宮や外宮の知りたい情報が全て詰まってる!

夏至の日の神秘にふれる二見興玉神社の夏至祭

投稿日:

夏至祭

夫婦円満、縁結びのパワースポットとして知られている二見ヶ浦。

そのシンボルとなっているのが「夫婦岩」ですよね。

若い人には縁結びのご利益があるとされる「二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)」の方が人気だと思います。

また、ここは夫婦岩の大しめ縄の間から太陽と富士山を望めるビュースポットとして人気の撮影スポット。

以前はカメラ好きの年配男性ばかりでしたが、最近では若い人の姿も見かけられるようになりました。

今回はそんな二見ヶ浦、夫婦岩の大しめ縄の間から太陽と富士山が重なる神秘の光景が見られる夏至の日と日の出、日の入り時間の目安、二見興玉神社の夏至祭を中心にされるフィンランドと姉妹都市の北海道当別町、長野小海町の夏至のお祭りについて紹介します。

スポンサーリンク

さっそく、夏至の日をチェックしましょう。

夏至の日

夏至の日:6月21日

日の出:4時40分ごろ
日の入り:19時9分ごろ
(伊勢市二見浦 夫婦岩周辺を基点)

夏至の日は1年のなかで太陽が顔をだしている昼間の時間がもっとも長い日です。
逆に昼間の時間がもっとも短くなるのは冬至といいます。

昼間の時間(日照時間)は、5時間も違います。

この夏至の日は二十四節のひとつ。
関東や関西など、その地方地域でさまざまな風習があり行事がおこなわれます。

しかし、冬至の日に比べると広く親しまれる習慣は少ない。

最近では東京など都市部でも夏至の前後におこなわれるイベントとからめて「夏至祭」と呼ぶことが多いく、これは日本だけでなく世界でも同様です。

ヨーロッパ、北欧のスウェーデンやフィンランドなどでは夏至の日は、国民の休日に定められて大小さまざまなイベントが夏至祭として盛大におこなわれています。

北欧では魔女や魔術の存在が信じられていた歴史があったため、現在でも日本の夏至祭にないものとして魔女払いのかがり火を燃やす風習が残っているらしい。

日本では三重県伊勢市の二見興玉神社、スウェーデンのレクサンドと姉妹都市となっている当別町(北海道)、小海町(長野)の夏至祭は歴史が長い。

なかでも二見興玉神社の夏至祭は日本らしい習慣、慣わしが色濃く残る。

霊峰富士と太陽 二見興玉神社の夏至祭

夏至祭り

夏至祭:6月21日・22日
朝3時30分:本殿 4時30分:夫婦岩

この日、夫婦岩の大しめ縄の間からおよそ200km離れた富士山と朝日が重なる神秘的な光景を見ることができる。

まだ朝日が昇る前、夏至の禊に参加する人々が本殿前で神職によるお祓いを受ける。
その後、準備運動(鳥船行事)を経て初夏のまだ冷たい早朝の海に入水する。

人々は清らかな二見浦の海水で身を清め、朝日が昇るそのときを待つ。

昨年と今年の夏至祭は社務所の新築工事にともなって、初穂料3000円を納めることで例年参加できていた禊修法も、毎月第3日曜日に行われている神魂禊会に年間6回以上参加している神魂禊会員のみ参加が許可されます。また、参集殿宿泊もできない。

二見ヶ浦の沖合いには、ご祭神:猿田彦大神(さるたひこおおかみ)の魂が宿った御霊石(みたませき)興玉神石(おきたましんせき)が沈んでいるとされる。

夫婦岩は沖合いの神さまを遥拝(ようはい)する場所、大しめ縄をかけることで鳥居としての役割があるといわれ、二見興玉神社の境内に位置しています。
※遥拝とは遠くはなれたところから拝むという意味。

また、二見ヶ浦は古くから伊勢神宮の禊(みそぎ)の地とされてきました。

正確には伊勢神宮の式年遷宮に際して新しい正宮の敷地に敷き詰める白い石「お白石」を宮川から採取して奉献するお石持ち行事にさきだって身を清めた場所。

それを神宮の御師たちが全国をめぐるなかで話し伝えたことが、いつしか公式のお伊勢参りでは夫婦岩の二見ヶ浦で禊をする慣わしだと変化し広まったことで知名度が高まったといわれる。

記事の最後にアクセス方法を紹介しておきます。

また、せっかくなので当別町、小海町の夏至についても簡単にご紹介。

当別町の第33回夏至祭 

6月19日
10時~15時

石狩郡当別町のスウェーデンヒルズ内にあるスウェーデン交流センター、レイクサンド公園、スウェーデン公園で開催される。

本場スウェーデンから学び、再現される夏至祭には数千人が訪れる。
今年は北海道新幹線も開通したことで遊びに行きやすくなった人もいるのではないでしょうか。

小海フィンランド夏至祭

6月25日
13時30分~19時30分

大河ドラマの真田丸で注目されている真田幸村の居城だった上田城のある長野県上田市や軽井沢町から1時間ほどの南佐久郡小海町にある松原湖で開催される。

こちらもフィンランドの夏至祭のイベントを取り入れた本格的なものだとか。

二見興玉神社・夫婦岩へのアクセス

三重県伊勢市二見町江575
JR二見浦駅 徒歩 約15分
JR・近鉄 伊勢市駅または近鉄宇治山田駅からバス
鳥羽行き 約20分
夫婦岩東口下車してから徒歩5分程度。
バリアフリー対応のトイレも完備され車椅子で走行することも可能となっています。

スポンサーリンク

-その他の神社

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

春日大社アクセス

春日大社までのアクセスと駐車場からの参拝ルート

春日大社 アクセス 春日大社は歴史ある寺社仏閣が数ある奈良県奈良市にあります。 奈良には東大寺や法隆寺など修学旅行で訪れたことがある人もいるかも知れませんね。 どちらかといえば奈良は仏教都市のイメージ … 続きを読む

神前結婚式

神前結婚式のできる神社をご利益から考える関西編

神前結婚式 厳かに奏でられる雅楽の響きのなかで巫女が祝いの舞いをささげる。 神さまの前で結婚を誓う「神前式」 その神前式にまつわる数字「115」ってなんだか分かりますか? 今回は、ご利益から考える神前 … 続きを読む

神田明神ご祈祷

神田明神の正月のご祈祷受付・所要時間とアクセス

神田明神 神田明神と伊勢神宮にはちょっとしたかかわりのあります。 神田明神のある神田までは秋葉原駅や御茶ノ水駅から徒歩10分程度。 以前の神田や秋葉原は田んぼが広がっていたといいます。 しかし現代では … 続きを読む

出雲大社結婚式(費用)

出雲大社で結婚式にかかる費用と神楽殿の婚儀の流れ

出雲大社 結婚式 出雲大社の結婚式「寿婚儀」は、福の神・縁結びの神さま大国主大神の神前において「天之御柱めぐり」という日本最古の結婚の儀式をおこなわれる。 そんな島根の出雲大社で結婚式を挙げたいと考え … 続きを読む

明治神宮アクセス

明治神宮へのアクセスと原宿表参道の人気ショップ

明治神宮 落ち着いた神宮の森、代々木公園。 流行の発信地として今も昔も若い人でにぎわう原宿、表参道。 静寂(せいじゃく)と雑踏(ざっとう)のいりまじる場所に東日本最大級の神宮があります。 原宿は外国人 … 続きを読む

スポンサードリンク