伊勢神宮が大好き!

伊勢神宮の参拝方法やお守り、駐車場、アクセス、観光案内まで内宮や外宮の知りたい情報が全て詰まってる!

神嘗奉祝祭は伊勢神宮に人気のお祭りが大集合する!

投稿日:2015年9月19日 更新日:

神嘗奉祝祭 2017年

日本全国から有名なお祭りが伊勢に集まり、その美しさ、それぞれの祭りの粋を競う「祭りのまつり」というイベントをご存知ですか?

お祭りのおまつりこと「神嘗奉祝祭(かんなめほうしゅくさい)」は全国的にあまり知られていないかも知れません。

しかし、沖縄、九州、四国、関西、関東、東北と各地から日本を代表する有名で人気のある郷土のお祭りが奉祝のため一堂に集まり花火まで打上げる大規模なものです。

今回は「神嘗奉祝祭2017年」の日程や見どころ、参加予定のお祭りについてを紹介します。

スポンサーリンク

さっそく日程を・・の前に。

かなり勘違いされる人がいますが「神嘗祭」と「神嘗奉祝祭」は開催日は一緒ですが別のものです。
神事の神嘗祭については「神嘗祭の意味と伊勢神宮での日程と内容」でチェックできます。

ここでご案内する「神嘗奉祝祭」は伊勢神宮のなかでも重要とされる神事のひとつ神嘗祭(かんなめさい)を奉祝するお祭り。

つまり、伊勢神宮で開催される神嘗祭をお祝いするためにはじまった祝賀イベントです。

神事ではないので堅苦しいことは一切なし、思いっきり盛り上がれます!

記事の最後に全国から集まる有名なお祭りの一覧と会場をリストアップしています。

では、本題に戻って日程です。

神嘗奉祝祭の期間

10月14日(土)~16日(月)
※本祭は15日・16日
神嘗奉祝祭(秋祭り)

前夜祭

10月14日(土)
16時20分~21時
会 場:三重県営サンアリーナ
三重県伊勢市朝熊町字鴨谷4383-4

神嘗奉祝祭の前夜祭として三重県営サンアリーナの特設ステージで本番前に一足早く楽しむことができます。
去年の前夜祭もたくさんの人が会場に訪れ盛り上がっていました。
今年2017年の前夜祭は土曜の夜ということで去年以上に盛り上がるかも知れませんね。

初穂曳(はつほびき)外宮領陸曳(げくうりょうおかびき)

10月15日(日)
10時~12時半
会場 高柳商店街~外宮

奉祝祭(祭りのまつり)

10月15日(日)
11時20分~15時20分
会 場 外宮前県道、外宮火除け橋前、勾玉池の舞台

初穂曳(はつほびき)内宮領川曳(ないくうりょうかわびき)

10月16日(日)
10時~14時半
会場 五十鈴川~内宮

神嘗奉祝祭の内容とみどころ

神嘗奉祝祭、初穂を全国各地から奉納に訪れた一行とともに五穀豊穣の感謝と神宮の神嘗祭を祝い舞い踊るお祭りです。

①初穂曳の外宮領陸曳、内宮領川曳の新穀奉納行列。
②祭りのまつりと奉納花火。

①初穂曳(奉納行事)

初穂曳(はつほびき)なかなか耳にしないですよね。

初穂は、新穀を意味します。
曳は、その新穀を引っ張ることを意味しています。

外宮領陸曳は勇壮な木遣り(きやり)唄と「エンヤァ」のかけ声とともに山車のような「奉曳車」を法被(はっぴ)姿の神領民が曳き進み外宮さんに新穀を奉納します。

内宮領川曳は五十鈴川から船で内宮に新穀を奉納する一行を見学するものです。

見学場所

・外宮領陸曳
外宮から15~20分ほどの場所にある高柳商店街付近から3台の奉曳車が約20分おきに出発して月夜見宮前を通り外宮まで行列が進みます。

・内宮領川曳
伊勢神宮のB6駐車場付近から川船が五十鈴川をさかのぼり、宇治橋手前で神域に入ります。

次は全国のお祭りが集まる「祭りのまつり」です。

②祭りのまつり(奉祝イベント)

神嘗奉祝祭
写真は東京神田の「神田祭」で一番大きな江戸神社のお神輿ですが、神嘗奉祝祭ではお神輿はありません。

でも、神嘗奉祝祭は全国の有名なお祭りが集合する賑やかで華やかなイベントです。

近年では東北六魂祭をはじめ、各地で人気のお祭りを集合させたイベントが開催されています。

そんなお祭りイベントの中でも、この神嘗奉祝祭は15府県から19団体が参加する最大クラスのものです。

しかも、本来の「お祭りの意義」の視点から見ると、観光客や見物人を楽しませながら神さまへ感謝とお供えをするという主旨がブレていないため「日本一の総祭り」といえます。

余談ですが、お祭りの語源は「神さまを”祀る”」の祀り(まつり)だとされます。

その主旨は「神さまへの感謝」や「自然の恵みへの感謝」など。

現代のような賑やかなものではなく、厳粛な神事、祭祀だったようです。

見学場所
外宮前県道、外宮火除け橋前、勾玉池の舞台

神嘗奉祝祭スケジュールと会場
最後に見学できるお祭りをまとめました。

お祭り一覧

    踊り

  • 阿波踊り/徳島
  •     

  • 阿波踊り/徳島
  • 花笠踊り/山形
  • 沖縄エイサー/沖縄
  • 郡上おどり/岐阜
  • 木曽踊り/長野
  • 越中おわら風の盆/富山
  • よさこい鳴子踊り/高知
  • 西馬音内盆踊り/秋田
  • おんぽい節/岐阜
  • さんさ踊り/岩手
  • 河内音頭/大阪
  • じゃこっぺ踊り/三重
  • 佐渡おけさ/新潟
  • 伊勢音頭/三重

その他の演舞など
木遣り(きやり)
木曽木遣り
諏訪御柱木遣り
関東木遣り

民謡
宮崎県民謡

花火
奉祝花火

14府県、18団体が2017年9月現在で参加予定。
諸事情により変更になる可能性があります。

スポンサーリンク

-伊勢神宮のいろいろ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

二見浦 朝日

伊勢神宮の観光大使「御師」さん館はおもてなし旅館

観光大使「御師」さん 江戸時代、お伊勢参りは庶民の憧れでした。 いまでは交通機関が発達して関東や関西からなら日帰り。 北海道や沖縄からでも1泊2日あれば伊勢神宮に参拝することができます。 鉄道や車など … 続きを読む

祈年祭

祈年祭の意味と伊勢神宮での日程と内容

祈年祭 古くから暦の上では立春を春のはじまりとしています。 それは新たな1年のはじまり。 春になると伊勢神宮や明治神宮、熱田神宮、出雲大社など全国の主だった神社でさまざまな神事がおこなわれます。 その … 続きを読む

伊勢神宮の参拝(豊受大神宮・外宮)

伊勢神宮の外宮で「女子必見のアノお守りを発見!」

外宮で発見! これまでに「伊勢神宮のお守り」について紹介した記事で「縁結びや恋愛成就」のお守りはありません! そう書いていました。 実は、毎年のように伊勢神宮を参拝していて、これまで気付けませんでした … 続きを読む

元伊勢の檜原神社

元伊勢の神社を3分で理解する

元伊勢 伊勢神宮について調べていると「元伊勢」という単語を見かけることがあります。 この「元伊勢」について、みなさんは理解していますか? そんなこと基本中の基本! 理解しているから大丈夫という人は、必 … 続きを読む

伊勢神宮の紅葉

伊勢神宮の紅葉の見頃と東海エリアの人気紅葉スポット

伊勢神宮 紅葉 紅葉前線は列島を南に進み関東や東海、近畿でも標高の高い山頂部では10月中旬から下旬に紅葉の見ごろを迎えます。 楓(かえで・もみじ)や銀杏(イチョウ)をはじめとした落葉樹が越冬の準備に向 … 続きを読む

スポンサードリンク