伊勢神宮が大好き!

伊勢神宮の参拝方法やお守り、駐車場、アクセス、観光案内まで内宮や外宮の知りたい情報が全て詰まってる!

伊勢神宮の観光大使「御師」さん館はおもてなし旅館

投稿日:2016年5月21日 更新日:

観光大使「御師」さん

江戸時代、お伊勢参りは庶民の憧れでした。

いまでは交通機関が発達して関東や関西からなら日帰り。

北海道や沖縄からでも1泊2日あれば伊勢神宮に参拝することができます。

鉄道や車などのない時代、東京から徒歩でおよそ片道13日ほどかっかたといわれる。

すでに各地には伊勢神宮を遥拝する祈りの場が存在していた。

それでも人々が伊勢を目指したのは天照大御神に抱いた崇高心がそうさせたのだと思う。

しかし、それだけではなく伊勢神宮の御師さんの存在があった。

今回は伊勢神宮の「御師(おんし)」さんについて紹介します。

スポンサーリンク

さっそく、伊勢神宮の御師さんとはどんな人なのかチェックしましょう。

伊勢神宮の御師さん

御師さんといっても人物の名前ではありません。

広くいえば、伊勢神宮の内宮と外宮のいづれかに奉仕していた神職。
その役割は伊勢神宮の外交や広報担当と伊勢の魅力を広める観光大使

仕事は伊勢神宮から委託を受けての地方出張。

神宮を崇拝する人たちのために祈祷をしたり、神宮大麻(お札)や神宮暦などを全国に届け初穂をいただくことも御師の役目。
現在のお札とお守りについては「伊勢神宮 お守り」で紹介しています。

なかでも新たな村を訪れて天照大御神のご神徳を伝え広めることは重要な役割。

富山の薬売りにと同じく新たな神宮を崇拝する顧客でもあり、彼らに自身の顧客にもなる。
伊勢神宮とつながりの深い御師などは公家や大名を抱えるなど権威を持っていたとされます。

さらに伊勢に訪れた顧客には、おもてなしの料理を振舞い、自分の家に宿泊までさせてしまう。
また、伊勢神宮での参拝の慣わしや作法についてもレクチャーしていた。
こちらで「伊勢神宮 参拝方法」についてご案内しています。

現在でも御師さんは活躍されているのでしょうか?
両宮あわせて全盛期には800~1000人ほどの御師がいましたが、明治4年に制度が廃止となってしまいました。

詳しい人からは送り仮名が間違ってる!
「おんし」ではなく「おし」ですよ!

そんな声が聞こえてきそうですね。
でも、間違いではなく伊勢神宮の御師は「おんし」と呼ばれていました。

どういうこと?
実は御師と呼ばれる人たちは伊勢神宮にかぎった存在ではありませんでした。

例えば、出雲大社や賀茂社(下鴨・上賀茂)、熊野大社など大きな神社や寺院には規模の大小はありますが、同じように活動をする人たちがいました。

そのなかでも伊勢や富士の御師は規模も大きく知名度も高かったといわれています。
そんな伊勢の御師のなかでも人気のある人とそうでない人がいたらしい。

では、どんな人が人気があったのでしょうか?

人気の御師さんは凄腕の旅行代理店

二見浦 朝日
延々と神さまや神宮のことだけを聞かされるのは興味のない人には苦痛になるかもしれない。

人気のある御師は色んな話をしたといわれます。

  • 「東海道の箱根の峠は大変だったけど名湯があるよ!」
  • 「富士川越えて由比宿から歌川広重さんの浮世絵のあの富士山が見れたねー」
  • 「伊勢の二見ヶ浦には夫婦の岩があって好きな人と行くと夫婦になれるって話しもあるよ!」
  • 「伊勢まできたら私の家に泊まれ良いし、ごちそうするよ!」

とかなんとか。

伊勢志摩の美しい風景や郷土料理、歴史や習慣などの話は基本。
ほかにも、江戸の人には東海道から伊勢街道、伊勢神宮までの道のり。
旅の途中に立ち寄った村々の風景、美味しい食べもの、宿泊した旅館の話など。

御師たちはテレビもラジオも、ましてやネットなど存在しない時代に伊勢神宮までの旅の楽しさや各地の観光スポットなどを紹介することで「伊勢を訪れて一度は見たい、食べたい、あやかりたい」と思わせるやり手。

次に実際にお伊勢参りに訪れた時にはどんなもてないがあったのでしょうか。

お伊勢参り旅館 御師の館

伊勢にあった御師の館の特色として大規模であり宿泊(参拝)者の多さ華やかさは出雲や熊野、富士などのそれと比べて群を抜いていた。

邸宅の規模は大小ありました。
敷地内に複数の建物や神楽殿を完備したり、敷地面積から500人ほど収容していたと推測されるも邸宅もあったとされています。

階級もあり代々御師として多くの人と縁を結んできた家は財力もありました。

伊勢市宮町に当時の面影を多く残した現存する日本で唯一の御師の館「丸岡宗大夫(まるおかそうだゆう)の邸」がある。

地元有志によって丸岡邸保存プロジェクトが発足し、修繕や清掃のほか保管されていた献立記録から丸岡家で振舞われていた御師のもてなし料理を再現した食事会などが過去におこなわれた。

一汁一菜が基本の江戸時代でありながら丸岡邸では尾頭付きの鯛など庶民にとって当時では贅沢なものだったようだ。

さらに階級の高い御師ともなると伊勢えびや鮑、現在では入手不可能な鶴や亀などの稀少肉など高級な食材を装飾艶やかな器を使い豪華絢爛な食事を振舞ったり神楽でもてなしていたことが記録に残っている。

伊勢市内の二見町に1軒だけ別の御師家でふるまっていた献立を現在入手可能な食材で再現し宿泊客に提供している「和亭 朝日館」という旅館がある。

気になる人はチェックしてもいいと思います。
和亭 朝日館を楽天でチェック

余談ですが、伊勢志摩サミットの開催記念で割引なども実施しているようです。

また二見ヶ浦には有名な夫婦岩や二見輿玉神社など女性に人気の縁結びスポットがあります。

最後に各地から伊勢神宮に行く場合のアクセス方法と駐車場についてリンクしておきます。

伊勢神宮 アクセス
伊勢神宮 駐車場

スポンサーリンク

-伊勢神宮のいろいろ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

奉納相撲2017

伊勢神宮奉納相撲の日程と横綱・三役力士の土俵入り

奉納相撲 2017年 伊勢神宮では桜咲く春、横綱、三役力士らによる相撲が神苑でおこなわれます。 力士たちが日ごろ鍛錬を重ねた技を天照大御神へ奉納する。 これを一般的に神さまへの「奉納相撲」といいます。 … 続きを読む

七五三の着物選び、女の子と男の子の和装

七五三の着物の選び方 日本人なら七五三を知らない人はいないと思います。 子どもの健やかな成長を祝う日本の伝統行事ですね。 でも、親としてはじめて迎える場合、分からないことや悩むことがありますよね。 い … 続きを読む

門松(お正月飾り)

門松や注連縄おすすめ正月飾りの飾る期間と飾り方

門松・正月飾り 2017年も残り1ヶ月半。 この季節になると少しづつ年末の年越しやお正月に向けての準備をはじめる人もいるようですね。 やっぱりお正月くらいは門松や縁起物をあしらった華やかな正月飾りや鏡 … 続きを読む

早朝営業の伊勢うどん店

伊勢神宮に近いコンビニATMと早朝から食事のできる店

コンビニ・ATMと人気の朝粥の店 早朝の参拝後、参拝前に朝食を食べたい! スマホの充電が切れた! ストッキングが伝線しちゃった! ATMどこ! そんな時に便利な伊勢神宮の最寄り駅や伊勢神宮周辺のコンビ … 続きを読む

新嘗祭

新嘗祭の意味と伊勢神宮での日程と内容

新嘗祭 伊勢神宮で秋におこなわれる大切な神事の1つ「新嘗祭(にいなめさい)」 秋は伊勢神宮をはじめ全国の神社で重要な祭事、神事が多くおこなわれます。 例えば、10月は伊勢神宮のもっと重要な神事とされる … 続きを読む

スポンサードリンク